配属科別の看護師の仕事内容

看護師,仕事内容,病院,配属,転職

配属される科が違うと、看護士の仕事にも違いが見られることがあります。

 

入院患者が寝たきりの人ばかりというところでは、介護のようなことも行わなくてはなりません。
重労働となってしまいます。

 

一方、高齢者相手ではなく小児科担当となれば、子ども相手で楽しそうに思われることもありますが、実際はそうでもありません。
と言うのも、まだ言葉を喋れないような小さな子どもの場合、あやし方さえも分からないことがあるからです。

 

小さいからこそ、意思の疎通が難しいということもあります。
手のかかる子どもも中には居るため、一時も目が離せないということもあるものです。

 

このように、配属される科によって仕事量も違うことがあるため、場合によっては心身共に疲れ切って体調を壊してしまうという看護士も少なくありません。

 

病院によっては人員不足から、希望する科へ配属されるとは限らないため、どんな科へ行っても対応できるような心のゆとりを持つことが重要となってきます。

 

また、転職するという方法もあります。
希望が通りやすい病院もあるからです。

 

給与と労働力の均衡が取れるような職場を選ぶことは大事です。
何よりも自分自身がやりがいを持って働けるような環境を選ぶことが重要となってきます。

 

 

 

看護師,仕事内容,病院,配属,転職


関連ページ

就業時間や休日
看護師の就業時間や休日についての待遇面について解説します。看護師は勤める病院や配属される科によって仕事内容や待遇面に違いがあります。実際に看護師として働き始めたときにギャップを感じないための注意点などを交えた情報をご紹介しています。
看護師の給料
看護師の給料について解説しています。待遇面で高い給料をもらえるという印象の看護師の実際の収入面はどのようなものなのか?仕事の内容を交えてご紹介します。
美容外科に勤める看護師の不満
美容外科に努めている看護師が持つ不満をご紹介します。美容外科に努めている看護師の仕事内容について他の病院看護師との待遇の違いの有無など、美容外科への転職を検討している方に役立つ情報を掲載しています。